不動産管理業の仕事はどんなもの?

不動産に興味がある方への総合情報サイト

不動産管理の種類

不動産管理業とは、不動産から最大限の収入を得るための業務全般のことを指します。
不動産管理業を行うためには免許を持っていることがあたり前だと思われがちですが、実は必ずしも免許が必要とは限りません。
誰でも行うことができるということもあり、管理をオーナー自らが行う場合と管理会社に委託する場合があります。
詳しい業務内容は実に多岐にわたっています。
1.入居者対応、家賃の回収、滞納者への督促を行います。
2.入居者から寄せられた近隣の騒音や給湯器の故障、水漏れなどといったクレームに対し、円満に解決するようオーナーや業者と調整をします。
3.賃貸物件に入居する時に火災保険に加入しますが、火災事故が発生した時に事故現場の検証や保険会社への書類の提出といった業務を行います。
4.入居者が退去する時、オーナーに代わって部屋の立会いを行います。
5.退去時の立ち合いの時に部屋の状況に応じて現状回復するための費用の請求、徴収から入金まで一連の業務を賃借人に対して行います。
6.賃貸借契約は2年契約がほとんどです。契約を更新するために必要な書類作成や署名捺印などといった業務を行います。
7.空室の部屋を周知させるため、自社の店舗内へのチラシの掲載やポータルサイトへの掲載、フリーペーパーへの掲載など広告活動を行います。
8.内見対応、賃貸借契約書・火災保険契約の締結、鍵の受け渡し。
9.現状回復工事、.定期点検といった建物全体のメンテナンスを行います。
10.定期清掃では共用部の清掃や草借り、ごみの処分などといったものがあります。

不動産管理業をしっていますか?

不動産を借りたい、貸したいという時にどういう業務があるのでしょうか。 あまり目立たない部分も含めてどんな管理をされているのか紹介します。 これを読んで不動産を借りたい、貸したい、または既に借りた後などの時にぜひ参考にしてください。 知っていて損はないかと思います。

入居者対応に関するさまざまな業務の紹介

不動産を借りたいという人が現れたらどのような業務があるのでしょう。 入居後に管理会社さんやオーナーさんと揉めたくはありませんし、退去時に敷金の清算などで揉めるのも避けたいものです。 自分自身が困ることにならないよう借りる前に知っておきましょう。

オーナーへの対応業務とは?

不動産を管理していると、やはり空き部屋という状態は避けたいものです。 空き部屋対策として、入居者の募集や建物のメンテナンスなどをオーナーに代わり管理会社が行います。 どんな業務を行っているのか紹介します。 将来的に、不動産を貸したいと考えている人は参考にしてみてください。