不動産に興味がある方への総合情報サイト

オーナーへの対応業務とは?

不動産を管理します

不動産管理を管理する側から見てみましょう。
入居されていない空き部屋があったら、入居希望者がいつでも内覧しやすいように建物のメンテナンスや故障箇所の現状回復工事、建物全体の定期点検メンテナンスを行います。
また共用部分の清掃、草刈り、ごみの処分といった定期清掃業務などを行い入居者が住みやすい環境つくりをします。
自分で行うのが難しい場合は管理会社に委託します。

入居者が不動産業者を選ぶ時は多くの情報を掲載しているかがポイントとなっているようです。
それはインターネットを利用して多くの物件を掲載していたり、多くの支店から多くの物件を紹介してもらえたりしていることを求められています。
そう言ったニーズを敏感に対応できる管理会社を選びましょう。

その他にやるべきことはあるのでしょうか

不動産管理には入居者管理と建物管理は必要と紹介しました。
他に必要なことはないでしょうか。
意外と知らない方も多いのですが、マンションオーナーになるということは、「個人事業主になる」ということです。
そのため、必ず確定申告を行わなくてはなりません。

確定申告をすると様々な節税対策になります。

しかし、自分で申告するとなるとかなりの時間と労力がかかります。
親身に対応してくれる会社か、相談でき、頼れる会社か、確定申告や相続時の対応など、あらゆる相談にのってもらえると、オーナーは負担を軽減できます。
お客様一人ひとりに最適なライフプランまでしっかりと提案、サポートできる人材がいる会社や、顧問税理士や顧問弁護士の意見をふまえた助言を得られる会社であれば、さらに安心です。

これらを、不動産投資会社選びの1つの判断基準にしてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする